AGA治療のアレコレ~男の自信は頭のテッペンから~

様々な原因を知る

薄毛

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれる頭皮の脱毛症状で、多くの男性に見受けられる症状となっています。主にこめかみの上辺りから症状が見られ、徐々に症状が広がっていくのがAGAです。ですがAGAは専門のクリニックへ行けば治療することが出来るので、症状を抱える多くの人がAGA治療を受けにクリニックへ訪れています。AGA治療で訪れる男性は、一人ひとり原因が異なります。一昔前はAGAの原因は遺伝によると言われていましたが、現在では遺伝だけでなくホルモンやストレスなども大きく関係していることが報告されています。AGAの悩みを抱える男性は中高年だけに限らず、20代の若い男性にも多く見受けられます。若い男性の場合は男性ホルモンが原因の大半を占めており、前頭部と頭頂部が男性ホルモンの影響を受けやすくなっていることが関係しているのです。男性ホルモンは成長において重要な物質になっていますが、場合によっては前頭部や頭頂部に大きな影響を及ぼしてしまうのです。影響を受けることで髪の毛の成長期間が短くなってしまい、髪の毛がしっかり最後まで成長出来ず抜けていきます。髪の毛が育ちにくい環境になってしまっているので、生えてきても細く短い髪の毛で頭皮が薄くなってしまうのです。成長期間は健康な髪の毛を生やすために大切なので、男性ホルモンによりヘアサイクルが乱れてしまわないよう予防することが必要となってきます。専門クリニックではAGA治療だけでなく予防も行なっているので、早い時期から始めることで将来のAGAを防ぐことが出来ます。

ストレス社会と言われている現代社会では、多くの男性がストレスと戦いながら生活しています。ストレスは心と体に大きな影響を与えるため、溜まっていけば負担もどんどん大きくなります。さらに頭皮にも影響を及ぼすので、AGA治療でクリニックへ訪れる男性の中にはストレスが原因であるケースも多いのです。頭皮だけでなく髪の毛にも影響を与えるストレスは、血行不良を引き起こします原因の1つです。血行不良になってしまうと頭皮まで栄養を届けることが出来なくなり、髪の毛を生やす力も衰えていきます。そのため、髪の毛が生えても薄くすぐ抜けてしまう弱い髪の毛のみになってしまうのです。血行不良になってしまうのは自律神経のバランスが崩れていることが原因となるので、自律神経がストレスにより緊張した状態だと血行不良を引き起こすのです。ストレスを溜め込んでしまうと精神的に疲れるだけでなく大事な頭皮にも影響を及ぼすので、ストレスを溜め込まない体づくりが重要となります。クリニックのAGA治療ではストレス発散法として、良質な睡眠の確保や適度な運動、趣味を紹介しています。しっかり発散することでAGA治療の効果も高められるので、自分に適した発散法を生活に取り入れ日頃からストレスを発散していきましょう。